東京都江戸川区平井の「女性専用鍼灸院」「完全個室」「ベッド1台」・腰痛・肩こり・ばね指・指の痛み・腕の痛み・胃の痛み・生理痛
江戸川区平井の女性専用鍼灸院なら「はりきゅう那須院」
オフィシャルブログ

整動協会主催の経営サミットに行ってきました~後編~

" 鍼灸院経営, 鍼灸師向け "

2018年10月31日

さて、経営サミットに行ってきましたの後編です

前編はこちら

 

 

演題4.症状別ページ集客のカギはアウトソーシングにあった

愛媛県松山市 鍼灸院めぐる院長 谷口先生

私は、9月にホームページをリニューアルするにあたり、いろんな方のホームページをめぐって勉強させていただきました。その中でも、谷口先生のホームページは、谷口先生のお人柄そのままで、醸し出す雰囲気の柔らかさ、安心感が心地よくあこがれました。

何日も何日も見ていました。そのせいか、2年ぶりくらいにお会いした時、お久しぶり感がまったくありませんでした(私だけ)

鍼灸院めぐるはこちら

 

 

ホームページは統一感が大切。

ホームページ作りに欠かせないのが、写真、イラスト。

フリー素材もいいのですが、自分の希望している素材が見つからなかったり、やっと見つかっても他のページで使ったものとテイストが違ってしまうこともある

かといって自分で写真撮ったりイラストを作るのはたいへん、そこからの脱却には、プロにアウトソーシングしましょう。というお話でした。

私が谷口先生のホームページに抱いた安心感の秘密がわかりました。

統一感は安定感を生み、ホームページの信頼度も増します。

そこらを念頭に置き、那須院のホームページを更新しました。

 

演題5.専門領域を絞り込んで収益をあげる方法

愛知県名古屋市 ふくぎ鍼灸院 代表 北川先生

IBS過敏性腸症候群専門のふくぎ鍼灸院はこちら

分析力が素晴らしく、経営の質問にも丁寧に答えてくださる優しい先生です。写真は変顔のことも多い、おちゃめな一面もおありです。

 

北川先生は、名古屋で過敏性腸症候群(IBS)専門の鍼灸院を経営していらっしゃいます。自らが過敏性腸症候群の経験をお持ちで、整動鍼腹背編のツボで「私の生活は一変しトイレに悩むことがなくなりました」ということです。

一つの症状に特化させるというのは勇気のいる決断です。

しかし、特化するということは、メリットがあると北川先生はおっしゃりました。

・わかりやすく選んでもらえる

・来院前から信頼度が高い

・施術に必要な技術や情報が絞られ、スタッフ教育が短期間で済む

・全国から集客できる

悩んでいる患者さんの背中を押し、来院につなげることができるというのです。

今、私は症状に特化してはいませんが、将来的には特化してもいいかもしれないと思いました。

演目6.1人院でもできる、LINE@の運用方法

愛知県半田市 鍼灸マッサージGREEN NOAH院長 舟橋先生

半田市の鍼灸院グリーンノアはこちら

 

舟橋先生は、整動協会の役員の中でも一番若い方です。

ブログが勢いがあって面白いんです。

印象的なブログは「生理痛ってどのくらい辛いの?鍼灸師の男性が体験してみた」

生理痛ってどのくらい辛いの?鍼灸師の男性が体験してみた。

 

舟橋先生のお題は、LINE@の運用についてでした。

LINE@導入のメリットは

電話が苦手な方、電話ができない環境の方へのアプローチができる。

レスポンスが早いことだそうです。

私はLINE@を導入してますが、まだまだ活用しきれていないなと感じました。

 

 

そして、夜の部、鍼灸師のMIRAI未来

整動協会の未来目指すところは、鍼灸で救われる人を増やすこと、

鍼灸師の世界に貢献すること、

そのためには、情報発信がかかせないこと

「情報発信」

私に足りないのはこれだと思いました。

なので、経営サミットの後からブログを始めました。

鍼灸を受けたことがないひとに情報を届けるためには、発信していくことが大切。

つたない文章ですが、続けていこうと思いました。

 

まとめ

当日に書いたフェイスブックから引用します。

 

鍼灸は「医療か?慰安か?」
両方の側面がある。

私は「医療の鍼灸の道」を選びたい。

鍼灸でたくさんの人を助けたい。

そのために整動鍼は欠かせない。

 

鍼灸師としての社会貢献とは何か。
既成概念からの脱却。
本当の口コミを生む信用。

マインドセット
人生のビジョン

ホームページを充実させる施策
来院数を増やすためのツール

 

たくさん学んで脳みそパンクしそうだ。
やりたいことでいっぱい、スパークしている。

鍼灸師の未来は明るい。
もっと未来を輝かせるために私にもできることがある。

 

整動鍼代表 栗原先生(右)と副代表 谷地先生と豪華にサンドイッチされた思い出の一枚で、今回のブログを終わりにします。

この記事を書いた人

江戸川区平井駅徒歩3分の女性専用鍼灸院

はりきゅう那須院 院長

趣味は、星空観察。ぞうの小物集め。

お花が大好きで、お家も院内にいつもお花を飾っています。

カテゴリー: 鍼灸院経営, 鍼灸師向け.
  • 090-2427-1189
  • 東京都江戸川区平井4-11-1-2階
  • お問い合わせ
  • スタッフのブログ
    スタッフブログ
  • ブログカレンダー
    2018年10月
    « 8月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • ブログカテゴリー
  • タグ
  • 最新記事
  • アーカイブ
  • お気に入り
Twitter