head_img_slim

information

サイトナビ
メールボタン
お問い合わせボタン
HOME > Q&Aのページ

Q&A

Q. 針って痛くないの?

a_icon はりというと注射針を想像なさると思います。一般的な注射針の太さは0.7~0.9mmです。当院で使用する針は、0.12~0.2㎜なのでおよそ4分の1の太さしかありません。
刺した時の痛みはほとんどないと言われていますが、打つ場所によっては感じることもあります。その場所の凝りや冷えが強いと痛みを感じやすいです。痛かったらすぐに教えてください。
ハリの痛みには二種類あります。刺した時のちくっとした感じと、刺してからズーンと深いところで広がっていく感覚です。


 

Q. お灸って熱くないの?

a_icon 当院で使うお灸は二種類です。温灸といってせんねんきゅうタイプと、もぐさを直接お肌に乗せるタイプです。灸をすえるという慣用句のイメージからかとても熱いものを想像なさる方多いですが、近年のお灸は体に跡が残るようなお灸はしません。せんねんきゅうタイプは火がついたもぐさが直接お肌に触れることないです。もぐさを直接お肌に乗せるタイプは、もぐさの大きさはお米の半分くらいの大きさです。指先でお米の半分ほどの大きさの円錐をつくり、火をつけます。もぐさが7割くらい燃えたところで火を消すので、お肌に火が直接触れることはありません。
お灸の熱の感じ方でお体の状況がわかります。一番いいのは、ほんわかと心地よい温かさを感じる時です。つまりはその部分やツボに関連する内臓の状態はいいということです。熱を感じないとか熱く感じるときは、その部分が凝っていたり、そのツボに関係している内臓が疲れているということがわかります。


 

Q. 針はどこに刺すの?

a_icon 一番お困りのところにハリを打たないこともあります。その部分には原因がない場合もあるからです。


 

Q. どれくらい通ったらいいの?

a_icon お身体の状態によって異なります。症状が出始めてから期間が短ければ短いほど短期間で改善します。

急性期ならば1か月半、慢性的な痛みならば3か月ほどで効果を体験できるでしょう。


 

Q. 薬を飲んでいてもだいじょうぶ?

a_icon 服薬されていても大丈夫です。

どんな症状のためにそんなお薬を服用されているのか教えてください。お薬手帳をご持参いただけると助かります。


 

Q. 生理中でも鍼灸していいの?

a_icon だいじょうぶです。生理痛がひどいときにはむしろ施術を受けられた方がお身体が楽になります。


 

Q. お風呂に入ってもだいじょうぶ?

a_icon だいじょうぶですが、長湯はせずさっと済ませてください。


 

Q. 施術後にお酒を飲んでもだいじょうぶ?

a_icon だいじょうぶですがお勧めできません。

施術によってお身体が自然治癒力が上がっているところにお酒が入ると、お酒を分解する方に力を使ってしまい、施術効果が半減してしまいます。

また、血流がよくなっているためいつもより酔う速度が速いのでお気を付けください。


 

Q. 着替えを持って行った方がいいの?

a_icon 当院で施術着を用意しておりますので、持ってきていただく必要はございません。


 

Q. 保険は使えるの?

a_icon 当院では保険は取り扱っておりません。すべて自費施術となります。


 

Q. 駐車場はあるの?

a_icon ございません。近隣のコインパーキングをご案内いたします。


 

Q. 男性でも施術を受けられるの?

a_icon 当院は女性専用ですので基本的には受けられません。

当院に通われているお客様からのご紹介でしたら承ることもございます。


 

Q. クレジットは使えるの?

a_icon 申し訳ありません。当院ではクレジットは扱っておりません。


 

Q. 生活保護は使えるの?

a_icon 使えますが、使える症状が限定されます。施術をお受けになる前にあらかじめご担当のケースワーカーや主治医にご相談ください。


 

電話番号 090-2427-1189

お問い合わせボタン

ページトップに戻る